スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽器屋さんにて

2011/02/08

どうも 俺です

先日仕事帰りにふらっと、イシバシ楽器と島村楽器に行ってみたのですが、その時感じたことを書きたいと思います。

魔「まさか、また何か買いにいったんちゃうやろな!!」

神「それはないと思うで、昨日嫁の財布から千円こっそり盗ってたから、千円じゃーなんも買えんやろ」


・・・・・・いらんこと言うなや・・・・・・もー金ないねん・・・・


まー、冗談は置いといて、

本題にもどすと、僕の場合は楽器屋に行く=ギターを中心に見る なんですが、休日とかの昼間なんかのお客さん

の多くは、若者たちの割合が圧倒的に多いんです。しかもロックな感じの若者達が楽しそうにわーわー言ったりし

てるんですが。

これが、仕事帰りの時間になると、大量のおっさん(自分もですが)が居るんです。しかもみんな普通のサラリー

マン風貌。んで、若者たちはあまり試奏(実際に大音量で弾いてみる)してないと思うのですが、そのサラリーマ

ン達は、ガンガン弾きまくってるのです。メタルやロック、ブルースなんかを弾きまくっているのです。

あー、昔からやってはるんやろなー。旨いなー。すごいなー。なんて思いながら見てみると、

どこからか、違う音が聞こえてきます。

旨い人も当然いますが、最近始めたっぽい人や、これから始めようとして、店員さんといっしょに音を出してもら

ってる人 などなど。 ぎこちない手つき、少し恥ずかしそうな表情、でもすごく楽しそうに・・・・・・・・

自分も、そんな風になれたらいいなー なんて思いました。

うまいとか下手とか音痴とか全く関係なくて、どう楽しむか、それに尽きると感じた次第でありました。

音楽 →  を  しむ

だから。
 
























































魔「お前が偉そうにいうな!!」

神「お前が偉そうにいうな!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。